マイホームってどうやって選べば良いんですか?(物件価格の目安を知る方法編)

お家が欲しくなったら

「そろそろマイホームが欲しいけど、うちの場合いくらくらいの物件を買ったら良いんだろう」

住まい探しを始めるときは、「どこで住むか」ということも決める必要がありますが

「いくらの物件を買うか」についても決めないといけませんよね。

ただ、特に初めての住宅購入をされる方にとっては、物件価格の目安すらわからないのではないかと思います。

そこで今回は、物件価格の目安を知る方法についてご紹介いたします。

我が家を買うときの価格の目安は2つあるってどういうこと?

現金一括でマイホームを買える方は別として、数千万円もするマイホームを購入する場合は銀行などの金融機関が取り扱っている住宅ローンを利用するのが一般的です。

金融機関はいわばお金のレンタル屋さんで、金利と呼ばれるレンタル料をお客様である住宅ローンの利用者(債務者)から頂くことでビジネスが成立しています。

金融機関、つまりお金の貸し手としては、お金を貸す時に一番気にするのはなんでしょう?

「この人(お客様)に貸したとして、ちゃんと返してくれるだろうか」

ということですよね。

そこで「お金を貸してほしい」という方に対して

「いくらまでならきちんと返してもらえそうか」

という金額を決めるときの判断を、その方の年収によって行うのが

「年収基準」です。

実際には年収以外にも勤続年数なども考慮されますが

年収をもとに住宅ローンの金額(借入可能額)を審査するのが「年収基準」です。

じゃあ「借入可能額」=「購入可能価格」と考えれば良いの?

年収から借りられる金額が決められるということなら

「借りられる金額目一杯のマイホームを買っても大丈夫なんだ」と思われる方もいるとおもいます。

金融機関は、「このお客様ならこれくらい貸してもちゃんと返してもらえそうだ」

と判断して貸すわけですから、一見借りられる金額でマイホームを買っても良さそうですよね。

もちろんそれも一つの選択肢としてありです。

ただ、今の生活や今後のライフイベント(結婚、出産、子育てなど)を見越して

「これくらいなら毎月無理なく支払えそうだ」という支払額を基準にして

マイホームの予算を決めるという考え方も必要です。

そうは言ってもなかには

「私はもう1人は子供が欲しいけど、子育ての費用や教育費はどれくらいかかりそうかわかないし、お家にまわすお金がいくらくらいならちょうど良いか見当もつかないわね」

という方もいらっしゃると思います。

シードッツハウジングなら、過去の相談事例を参考に

借入可能額と無理のない借入額がいくらなのかをお見せして

ご興味があればその場で試算することもできます。

あなたの場合はどうなるのか知ってみたいと思いませんか。

お気軽にご相談にお越しください。

関連記事

PAGE TOP