Connect The Dots

弊社の社名の由来については会社案内でご紹介していますので良ければそちらをご覧ください。

今回は弊社名「C.s」つまり「Connect The Dots」というフレーズに興味を持ったきっかけについて弊社代表の垣内がご紹介いたします。

cdots

きっかけはスティーブ・ジョブズ

「Connect The Dots」(点と点をつなぐ)という英熟語は

iPhoneの生みの親であるアップルの創業者

スティーブ・ジョブズ氏が

スタンフォード大学の卒業式で卒業生に向けて話した演説に出てくる

3つの話のうちの1つである

「About Connecting The Dots」(点と点を繋ぐことについて)

という一節に出てくるものです。

この演説を知ったきっかけは

私が人生訓や金言・名言が好きで

「youtube」でたまたま見つけただけなんですが(笑)

弱気になりそうな時にみると

前向きに勇気づけてくれる大変素晴らしい演説なんです。

色んな人に聴いて頂きたい演説なので

一部ですが特に感銘を受けた部分を翻訳してご紹介します。

このスピーチで出てくる「点」という言葉はご自身に関わるあらゆるものに置き換えてみてください。

将来を見据えて点と点を繋げることはできない。

後で振り返ってみることでしか点と点を繋げることはできない。

だからその数々の点が

いつかあなたの将来のどこかで繋がっていると信じなければいけない。

あなたの根性、運命、人生、業、それが何であったとしてもだ。

なぜならその数々の点が

どこかの道に繋がると信じることが

あなたに自分の心に従う自信をもたらすからだ。

たとえ従来の道から外れた道へあなたを導くとしても。

そしてそう信じることが大きな違いを生み出すのだ

いかがですか。

ジョブズ氏自身、大学でカリグラフィー(文字を美しく見せる書法)の講義と出会い興味を持ったことが

アップルコンピューターを生み出すきっかけとなったわけですから

一見それ自身では関係がないように思える

自分の人生におけるどんな経験も

どこでどんなふうに繋がるかわからないですよね。

それでもジョブズ氏は

その時々の自分の気持を信じ続けたことで

iPhoneを生み出すことへ繋がったんですよね。

それはまるで

無作為に想いのままに描いた点同士を線で結びつけてみたら

りんごのロゴマークのついたスマートフォンだった

みたいな。

私にとっての”Connect The Dots”ってなんだろう

でこのスピーチを聴いたとき

私自身についてはどうだったかなと振り返ってみました。

高校は工業高校、大学は法学部、仕事は税理士事務所や不動産鑑定事務所など

そのかたわら不動産投資etc・・・

自分で言うのもなんですがかなり個性的な経歴です。

でも、法律や税金、不動産の価格決定方法を身に付けていく中

また不動産の購入を通じて

多くの人にとって人生の中で最も高額な買い物なのに

不動産業界って改善しないといけない不透明な部分がたくさんあるんだな

僕の今までの経験があれば

お家を買う前からしっかり買った後のことまで考えて

法律面や税制面でのアドバイスができるから

この不透明な部分を取り除いて

きっと安心してご満足していただける住まいを

ご納得していただける価格でご提供できるはず

と強く感じたんです。

その時感じた強い想いに気づかせてくれたのが

「Connect The Dots」

というフレーズが出てくるスティーブ・ジョブズの演説だったわけです。

ちなみに

「不透明な部分って何?」

と思われた方にはお会いした時に

ご説明いたします。

最後に

長々と熱く語ってしまいましたが

C.sという社名の由来や弊社のイメージを少しでも

ご理解頂ければ幸いです。

「C.s(Cdots HOUSING)で一度話を聞いてみたい!」

と弊社にご興味を持って頂けた場合には

是非住まい探しやライフプランニングのアドバイスをさせて頂ければと存じますので

お気軽にお電話かお問い合わせからご連絡ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP