持ち家か賃貸かどっちが良いの?

毎日の生活の拠点となるおうち。

そのおうちについては借り続けるほうが良いのか買ったほうが良いのか

どっちが良いかという「持ち家 VS 賃貸」の比較はよく目にされると思います。

そこで今回はそれぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

先に私の結論をいってしまうと

「医療技術などの発展により多くの人々が長生きする時代を迎えるので、家、しかも利便性の高い場所にある家を買ったほうが良い」

つまり持ち家が良いと考えています。

では詳しくみて行きましょう。

まずはそれぞれのメリットについてです。

賃貸のメリット

・地震などの災害による倒壊があっても、住宅ローンを利用して家を購入した場合のように借金だけは残るという経済的リスクがない。

・外壁塗装や防水工事などの大規模修繕が必要になっても借り主には追加で出費が発生しない。

・結婚、出産、転勤等のライフイベントに応じて住み替えがしやすい。

・周辺環境が悪化(お隣さんがトラブルメーカーで迷惑な場合など)しても引越せば済む。

・相続があっても自宅についての相続税については考えなくて良い。

持ち家のメリット

・自分の所有物という満足感がある。

・自分の理想に近い住まいを注文建築やリノベーションで実現する事ができる。

・売却しないかぎり住み続けられるので所有者がなくなった後でも家族に家賃の負担のない住まいを残してあげられる。

・住宅ローンを利用して自宅を購入し、ローン返済中に所有者である債務者が万が一亡くなった場合、団体信用生命保険により残債が完済されるので、残された家族に家賃の支払いのいらない住まいを確保できる。

・一戸建ての場合はお隣と物理的に距離があるので壁越しや天井からのの騒音トラブルがほぼない。

・資産性が高ければ購入時の価格よりも高額かそれほど値下がりせず売却できることがあるので賃貸よりも結果的に住居費が低く済む可能性がある。

続いてそれぞれのデメリットを紹介します。

賃貸のデメリット

・自分の所有物ではないので物件からいつかは退去しなければならないという不安がある。

・高齢になって身寄りのない状況で引っ越す場合、孤独死のリスクを貸主が嫌がるので借りられる物件が限られてくる。

・賃貸契約の借主が亡くなった場合、同居している残された家族の収入や財産が十分でないと家賃を支払えず退去させられる可能性があるので、仮住まいでは残された家族の住まいが不安定。

・リフォームやリノベーションなどにより部屋の内装を思い通りに変えることができない。

・年齢を重ねるほど(返済期間が長い住宅ローンの審査が通りにくくなるので)住宅ローンを利用して自宅を購入できる可能性が低くなる。

持ち家のデメリット

・住宅ローンが残っている状況で震災などにより自宅が倒壊した場合、新たな住居費に加えローンは払い続けなければいけないという多重債務状態になるリスクがある。

・団体信用生命保険に未加入の場合で不十分な保障額の生命保険しかないと、債務者に万が一の事があった場合、保証人や物件を相続した家族は残債を返済しなければいけない。

・物件の資産価値が大きいと相続税の負担も大きくなる。

・大規模修繕が必要になった場合に修繕積立金が充分でないと大きな支出が発生する可能性がある。

・固定資産税や火災保険・地震保険料の支払いがある。

・住む場所について十分な下調べをせずに購入した場合、周辺環境が悪化した場合でも家を買い換える余裕が無いと我慢せざるを得ない。

・物件に飽きたり、気に入らない部分があっても当面は住み続けないといけない。

などが挙げられます。

賃貸の場合、持ち家の場合のそれぞれのメリット・デメリットを紹介してきましたが、基本的には各自の価値観に応じて賃貸か持ち家かを選ぶものなのでどちらが良いとは一概には言えません。

それでも冒頭で仮住まいよりも利便性の高い場所の持ち家のほうが良いと申し上げたわけですが

少子高齢化どころか少子超高齢化社会を迎えつつある中、駅近で買い物にも便利で治安も問題ないといった場所であれば、その他の生活に必要な施設例えば医療機関や学校なども比較的近距離にあるので、単身者から子育て世代、高齢者とどんな世帯状況や世代の方にとっても暮らしやすい環境に囲まれていることが多いです。

また、利便性の高い場所にある物件というのは同時に資産性・流動性(売り手・買い手の付きやすさ)が高いので、何らかの事情で物件を手放す場合でも買い主を見つけやすいという利点があります。

「同様の条件で賃貸で住むのと同じことじゃないの。」

という声も聞こえてきそうですが、加齢とともに増えがちな医療費の負担に備えて住宅ローンを早く完済して居住費は抑えたいところですよね。持ち家なら住宅ローンが無事完済されれば毎月の居住費はかなり抑えられます。これに対して賃貸ではそういうわけには行きません。

ところで郊外や人口の少ない場所は、豊かな自然が多くのどかな暮らしができますし子育てには最適な上、都市部に比べて土地の値段がかなり安いのでお住まいも比較的手頃な価格で手に入れられます。

ただ郊外や田舎には十分な仕事がないことが多いので子供は就職するタイミングで都市部へ引っ越す可能性が高く、子供が巣立ったあとは過疎化が進みゴーストタウンや限界集落と化してしまう可能性が潜んでいます。

人がどんどん少なくなっていく地域では、税収が不十分なので水道設備や道路などの生活インフラが十分に整備できなくなる可能性が高いです。そういう地域では必要なタイミングで十分な医療を受けるのも難しくなるでしょう。そうなるといざ持ち家を処分しようとしても郊外や田舎に住むメリットが感じにくいのでなかなか買い手があらわれない可能性が高いです。

最後に

このように賃貸と持ち家を比べてみた場合、私はお家は利便性の高い都市部で買って住むほうが結果的には住まいに関わるリスクを避けられるし年齢に関わりなく快適な暮らしができると考えているので持ち家が良いのではないかと考えています。

関連記事

最近の記事

  1. 2018.12.12

    古さを愛でる
  2. 2018.11.14

    Connect The Dots
PAGE TOP